相手によって使い分ける、年賀状の挨拶文

目上の方への最低限の配慮、
おさえておきたい年賀状の挨拶文ルール。

年賀状の挨拶文で真っ先に思い浮かぶものと言えば、「あけましておめでとうございます」。
オシャレな年賀状を作るのに平仮名ではちょっと足りない…。という人は、
「Happy New Year !」や「謹賀新年」、一文字で「寿」なんてのもカッコいいですね。

一方で、家族や友人だけでなく、会社関係者や恩師など、様々な間柄の人に送るものなので、
ルールを守らずに「礼儀がないなぁ」等と思われてしまっては、せっかくの年賀状が台無しに…。

そんな事態を防ぐために、挨拶文の簡単なルールをご紹介していきます。

上司や先生、取引先など。目上の方に対する最適なルールとは。

年賀状の冒頭に書かれる挨拶の言葉を「賀詞」と言います。
賀詞には様々あります。
「あけましておめでとう」をはじめ、
「謹賀新年」「恭賀新春」「敬頌新禧」「迎春」「賀正」「頌春」などなど。

今挙げたものの中でも漢字を使ったものが多いのですが、
実は漢字1〜2文字の賀詞は目下の人に使うものというルールがあります。
社長宛ての年賀状に誇らしく「賀正」と書くと、実は失礼にあたる、と言うことです。

目上の方に出す年賀状や企業・法人の年賀状の場合、
「謹賀新年」「恭賀新年」「恭賀新春」「敬頌新禧」と言った四文字熟語か、
「謹んで新年のお慶びを申し上げます」と言った挨拶文がオススメです。

「謹」と言う漢字は、訓読みで「つつしむ」と読み、
「恭」と言う漢字は、訓読みで「うやうやしい」と読みます。
どちらも目上の人に送るには最適な漢字を含んでいるのです。

ちなみに、「あけましておめでとうございます」を使うのもOKです!

 

親しい間柄に出す年賀状の場合は?

親しき仲にも礼儀あり、と言いますが、
年賀状について言えば、先述の「目上の人に対する最適なルール」の外でも問題ありません。

賀詞についてはあまり深く考える必要はありませんが、
仮に賀詞が固い文体になっている場合は、一筆コメントなどで親しみが感じられるようにしましょう。