ヤバい!?送ってない人から年賀状が届いちゃった時の対処法

年賀状の期限を知れば、対処法がわかる!

年賀状を出していない人から届いてしまう…。もはや「お正月あるある」の一つですね。こんな時の対処法ですが、実は答えは簡単で明確です。

もしも1月7日までに届けられる場合は「年賀状」を。1月7日までに間に合わない場合は「寒中見舞い」を送るようにしましょう。

元旦に投函された年賀状は、1月4〜6日くらいに到着するので、出し遅れた年賀状は元旦〜1月3日、近県であれば4〜5日が一つのリミットと言えるでしょう。一方で、郵便局が年賀状に消印を押すようになるのは1月8日からなので、1月7日の集荷に間に合うように投函すれば、最悪失礼には値しないとの見解もあります。

そもそもなんで「1月7日」なの?

お正月とは、元来「歳神様をお迎えする」行事です。初日の出と共にやって来た歳神様は、正月飾りである鏡餅に宿り、お供え物であるおせち料理を口にすると言われています。そして、元旦から歳神様がお帰りになる日までを「松の内」と言います。

この「松の内」は、地域によって異なりますが、関東地域が1月7日であることから、年賀状の期限も1月7日とされています。門松やしめ飾りを7日にしまう習わしもここから来ています。

松の内に間に合わない時の「寒中見舞い」について

寒中見舞いとは、季節の挨拶状の中で1月5日〜2月4日に出されるものを言います。
季節の挨拶状などと言うと堅苦しい印象を受けますが、「暑中見舞い」などを例に挙げれば、少しはライトな印象に変わることでしょう。

寒中見舞いの注意事項としては、まず「年賀はがき」を使わないこと。通常のはがき、もしくは寒中見舞い用のはがきを使用するようにしましょう。

次に書き出しについてですが、季節の挨拶でもある「寒中お見舞い申し上げます」と記すのが一般的です。年賀状を出すのが遅れた理由などは特に書く必要はありません。年賀状をもらったお礼と、返事が遅れてしまったことのお詫び、他には年賀状同様、自身の近況報告や相手の健康を気遣う言葉を一筆加えれば完璧です。



冒頭でも記載しましたが、年賀状の出し遅れは「お正月あるある」。どこのご家庭でも結構耳にする話でしょう。

しかし、軽いトラブルである一方、対処をしないとどんどん返事を出しにくい状況になります。気付いたら早めに手を打つことをオススメします。