【2019年亥年】年賀状ネットプリントの4大メリットをデザイナーが解説!

年賀状はネットで印刷する時代!?
ネットプリントの4大メリットを解説。

こんにちは。年賀状印刷.comの管理人です。本職でグラフィックデザイナーをしているので、印刷にはかなりうるさい方です。ただ、今回はゴリゴリの専門家としての意見だけではなく、単純にネット印刷の方が品質はもちろんコスパいいですよ!って話をしたいと思います。

年賀状の歴史を遡れば、元々は手書きやゴム判。昭和世代の人なら『プリントゴッコ』とか使ったことあるのではないでしょうか?(懐かしい…。ちなみにもうプリントゴッコ事業は終了しているようです。)パソコンやプリンタが普及してからは、年賀状ソフトやワープロソフトを使って年賀状を作る人が増えましたね。そして、最近の流行はネットプリント。流行っている理由がそのままメリットになりますので、解説していきます。

⒈ネットプリントはパソコンの前で全てが解決。だからラクで早い!

年賀状を自作しようとする場合、普段デザインや印刷に携わっていないと、結構時間がかかるものです。

年賀状制作にかかる手間一覧

  1. 年賀はがきを買いに行かなければならない
  2. 年賀状ソフトやフリー素材サイトとにらめっこ
  3. 試行錯誤も思い通りにいかず、試し刷り→修正の繰り返し
  4. インクの取り替えやソフトのアップロード

これらのデメリットもネットプリントなら全て解決してくれます。特に、パソコンかスマホさえあればネットプリントのラクさは半端ないです。デザインの選定から発注まで、長くても30分ほどで完了できるので、先に挙げた手間と見比べればそのラクさは一目瞭然ですね。

毎年やっていることとは言え、これだけの手間がかかっています。手間暇かけてこその年賀状ではありますが、その「手間」を一言コメントなどに費やした方が、もっと気持ちがこめられることでしょう。

2.インク代がかからない!

普段使わないプリンタって、久々に使おうとするとインクがなかったりしますよね?そして、それらのインクを正規品で揃えると、3,000〜6,000円くらい…。これって実は結構な出費です。

ネットプリントなら、当然印刷代として内包されているので、このコストも抑えられます。普段から頻繁にプリンタを使っていない or 使い慣れない方は、特にネットプリントがオススメです。

3.デザインが豊富&ハイクオリティ。それを料金内で利用できる「お得」!

年賀状のネットプリント会社のデザインって誰が作っているかご存知ですか?社内のデザイナーが作ることもありますが、他にも年賀状シーズン前にプロのデザイナーを集めてデザインコンペを開いたりしてデザインを集めています。

「なんかまとまって見える」「雰囲気がいい」「干支の使い方が上手い」など、色々感じるところはあるでしょうが、それは当然。なぜなら作っているのはプロのデザイナーだから!

私も企業から毎年年賀状のデザインを依頼されていますが、そのデザイン費用は15,000円〜40,000円ほど。対企業という意味合いで相場は変わりますが、印刷を依頼するだけで本格的なプロ仕様のデザイン年賀状が作れる、ってかなりコスパいいです。というか、正直破格です…。

4.印刷機のクオリティが高いから、写真が綺麗!

市販の年賀はがきの中にも「インクジェット対応」のものものありますが、刷りあがりを見れば一目瞭然。家庭用プリンタはどんどん進歩していますが、それと同時に印刷工場の機械も進歩しています。

その中でも特に昨今発展を遂げているのが「オンデマンド印刷機」。版を作らないため、少ない枚数を刷るのにコストを抑えられる印刷機なのですが、その精度が向上し、プロの目を持ってしても、版を作る従来の印刷機との差がなくなってきています。

年賀状で写真を使うなら、絶対にネットプリントがオススメです。

 

2019年の年賀状は、ネットプリントで決まり!

実際に自作プリントと比べてみると、100枚プリントした場合の費用の差は2,000円ほど。(自作した場合のコストと比較をした記事はこちら(近日公開予定)
上記のメリットや、自作する手間を時給換算してしまうと、この差額は実にリーズナブルです。

また、最近はネットプリント会社間の競争力が高まり、各社が値引きを実施しています。早割などの割引を駆使することで、さらにお得にプリントすることも可能です。

【2019年亥年】早割情報のまとめ

今年の年賀状は、是非ネットプリントを使ってみてください。

年賀3


関連記事


2019年度|年賀状印刷「安さ」ランキング