【特集】手軽なイラストオーダーで自分好みの年賀状を作ろう!【SKIMA】

絵は描けないけど、作りたいイメージはある!?
そんな方にオススメの個人間イラスト発注システム「SKIMA」。

年賀状の作成準備のシーズンになると、「今年はこんな年賀状作ってみたいな」っていうイメージが先行して…。でも絵心がないから再現ができないとか、忙しくて制作に着手できないとかありませんか?

グラフィックデザイナーである私もイラストを手がけることはありますが、自身で作るとテイストが凝り固まってしまうので、実は絵やイラストの部分はパートナーに委託することがあります。それくらい、「イラストの専門家」は偉大です!

オーダーメイドのイラストって結構高くつくのでは?

一方で、イラストをオーダーする時の相場ってどれくらいかかるか、ご存知ですか?イラスト制作会社に発注をする場合、1点あたりで万単位がかかることもあり、少ない数の年賀状では割に合わないですよね。しかし、今回紹介する個人間イラストオーダーメイドサービス【SKIMA】では、だいたい2,000〜5,000円くらいと相場の2割から半額くらいで年賀状用のイラストを格安で発注できるんです!!



 海外では一般的な「イラストコミッション」の文化を日本に。

日本ではまだまだイラストを個人に発注する文化が根付いていませんが、海外ではイラストを有償で発注する「コミッション」と言う文化が発達しています。主な使い道として挙げられるものでは、似顔絵やSNSのアイコン、ブログのトップ絵、オリジナルキャラクターなど。個人のブランディングとして、絵心のない人でも簡単かつオシャレにイラストを取り入れることができるのは魅力ですよね。しかも料金が一回の飲み代くらいなのに、半永久的に使えるなんてお買い得ですよね。

どんな人がイラストを描いてくれるの?

個人間イラストオーダーメイドサービス【SKIMA】では、プロの第一線で活躍しているイラストレーターから副業で絵を描いている主婦や学生など様々なクリエイターが在籍しています。クリエイターにとっても、無料で会員登録が出来るので、非常に多くの登録があるので、自分好みのテイストのクリエイターを探しやすい環境が出来ているのも魅力の一つですよね。現在は、企業や店舗からの依頼も増えているようで、個々のクリエイターの質もかなり高くなっているようです。

年賀状でイラストを発注しやすい理由。

年賀状はハガキのサイズが一律なため、他の制作物に比べてサイズの指示がいらないのでやり取りがスムーズに進みます。また、年賀状自体が日本全国民に馴染んでいる文化なので、クリエイターも目的が明確で制作がしやすい傾向にあります。そして、本の表紙やポスターのような大きいサイズではなく、ハガキはサイズが小さいので比較的安価で依頼が出来るのも年賀状とイラストの親和性が高い理由の一つです。

また、年賀状は個人利用の範囲となるので、キャラクターの使用についても結構自由が利くもの。

あなたの個性を存分に発揮した年賀状を
クリエイターに作ってもらおう!

オリジナルイラストでの年賀状制作、ちょっと興味を持っていただけましたか?

SNSで自身をブランディングしている人も多いと思いますが、今年の年賀状をきっかけにあなたのイメージを具現化して更なるブランディングに取り組んでみてはいかがでしょうか?

作ったイラストをネット印刷でプリントしてもらう方法

年賀状印刷会社では様々なデザインテンプレートを用意していますが、今回は既にデータを作ってもらった状態になるので、作られたデータを綺麗に印刷してくれる印刷会社さんを探すのが良いでしょう。

当サイトでも様々な年賀状プリント会社さんを紹介していますが、完全データ入稿でオススメなのは、安さ部門で1位のネットスクウェアの年賀状印刷さんですね。

クリエイターの方に以下の内容を共有すれば、完全データを作ってもらえます。

  • 100×148mmサイズのPDFデータ
  • 推奨解像度は300dpi以上
  • はがきの周囲に5mm程度のフチがつくので、文字やキャラクターは四方1cm以内に掲載
  • 住所や名前を入れてもらう

住所や名前などの個人情報をクリエイターに知らせたくない場合は、pdfを開いてから「編集」または「テキストと画像を編集」を使ってテキストを加えていけばOKです。

ネットスクウェアのオリジナルデータ入稿のページのリンクは下記に用意しておきました。

ネットスクウェア年賀状|オリジナルデータ入稿


これで、あなたのオリジナル年賀状の完成です!ワクワクしてきませんか?

 

年賀状印刷.comでは、個性的な年賀状作りを応援しています。他にもちょっと変わった年賀状作りに興味があれば、【特集】個性派年賀状の記事をご覧ください。

 

SKIMAでクリエイターを探す方はコチラから↓

個人間イラストオーダーメイドサービス【SKIMA】

● 関連記事
猪に関する有名なキャラクターと言ったら?

 

年賀3


関連記事


2019年度|年賀状印刷「安さ」ランキング