【年賀状コンペ】挨拶状ドットコムが募集開始!【2020年】

2020年の年賀状が動き出している!?

新元号の発表を来週に控え、挨拶状ドットコムが子年の年賀状のデザインコンペの募集を開始しました!

挨拶状ドットコム

募集要項については、 こちらからどうぞ!

ファイル形式はIllustratorもしくはPhotoshopとなっていますので、デザインソフトをお持ちでない場合の参加は当然難しくなりますが、その分デザイナーやフォトグラファーが集まり、レベルの高いコンペが繰り広げられることは間違いありませんね。

賞品は全てJCBギフトカードとなりますが、最優秀賞はなんと100,000円分!!

様々な人気キャラクターがいる「子(ネズミ)年」の中で選ばれるデザインを作ることが出来ればデザイナー冥利に尽きるというもの…。

亥年の最優秀賞デザインをチェック!

デザインと言うとCGやイラストを想像しがちですが、実は2019年の最優秀デザインはこちら!

挨拶状ドットコム|年賀状デザインコンペ

可愛らしいイノシシ細工!?立体による創作物をうまく収めることで素敵な作品が出来上がるのですね…。もらった人も思わずほっこりしてしまう温かみ…。非常にハートフルに新年を迎えさせることができるデザインに仕上がっています。

応募倍率はどれくらい?

2019年は、応募総数322作品中40作品が選出されています。選出数はおよそ8分の1…決して広き門ではありませんが、一人あたり2点まで応募が可能なので、単純計算すれば4人に一人が受賞できるようになります。(単純計算…の話ですよwww)

挨拶状ドットコムさんは毎年優れたデザインから選んで年賀状を作れることで評判ですが、クリエイターに向けてしっかりコンペを行なっている背景があったのです!

そのデザインスキル、きちんとお金に変えてますか?

大手年賀状サイトのデザインコンペでの受賞は必ずや輝かしい実績となるでしょう…。ただ、マネタイズと言う観点で言えば、受賞だけでなくデザインを売っていく方向性も必要です。もし、あなたが当選できる実力を持っているか試してみたいなら、クラウドソーシングでそのスキルを販売してみるのも一つの手段です…。

例えば、大手クラウドソーシングのランサーズさんは有名ですよね。かく言う私も発注側でお世話になっております。登録無料で万単位の案件が多数ひしめいていますので、あなたのデザインスキルを販売する良いメディアになるかもしれません。

発注側の目線でお話すると、最近は「ランサーズストア」と言うサービスで売り主が値段を決めた状態で出品しているサービスが非常に明朗でよく利用しています。

デザイナー以外にもシステム構築やイラストレーター、カメラマンやコピーライター、事務職や営業職など幅広い仕事の売買が行われているので、未登録の方は是非ご覧ください。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

新しい元号の最初の年賀状に向けて動き出そう!

元号が変わることで2020年はより一層特別な新年となることでしょう。来たる新元号を使った年賀状に向けて新しい一歩を踏み出して見てはいかがでしょう?

 

以上、年賀状印刷.comでした!


関連記事


2020年度|年賀状印刷「安さ」ランキング