【中の人のブログ】こういうサイトって儲かるの?

みんな大好きお金の話!
年賀状印刷.comってどれくらい儲かったの?

ご機嫌よう、年賀状印刷.comの中の人です。年賀状オフシーズンにつき、当ブログではしばらくサイト運営の話をちまちまと書き溜めていきます!今日でブログは第二回。前回のブログから1ヶ月ほど経過してしまいましたね…トホホ…。2018年からサイトを作ってどれくらい儲かったのかって総括と今後の展望をお話ししていこうと思います。

写真AC

 

当サイトの収益はこちら!

勿体ぶるのも嫌いなので、いきなり金額の話をしてしまうと…当サイトの2018年の総売上はざっくり8万円ほどでした。一部の記事の執筆代やサーバー代などを差し引くと利益はだいたい5〜6万円ほど…。準備を始めてから半年弱…と考えたら1カ月あたりの収益は約一万円になります。とてもではないですが、専業で暮らしていくことのできる数字ではありませんね…。そういった意味では当サイトの初年度の通知表は少々厳しい評価をしなければなりません…。

得られた成果は何か?

一方で、アフィリエイト初心者が初めてのサイト制作で万単位の金額を稼げたのは、すごく意味のあるものだと思っています。おかげさまで、「年賀状 亥年 キャラクター」や当サイトで紹介させていただいたキャラクターの名前+2019年なんかの一部のキーワードでは軒並み上位表示されるようになりました!年賀状比較サイトはそこまで多くはないものの、あくまで当サイトは後発組…。その中での立ち回り方やある程度のサイトパワーが得られたのは心強く、来年は同じ作業量でもより多くのアクセスが望めそうです。

加えて、年賀状オフシーズンに当サイトに訪れる方は本来皆無なはず…。ですが、もしあなたがこちらのブログを読んでくださっていると言うことは…(それはSNSであったり、検索であったり)このブログを読んでくださっている方との繋がりこそが当サイトが半年間の活動の中で得られた一番の成果だと思っています。

反省点を挙げるとするならば…

実は本業でデザイナーをしているため、クリスマスや年末年始が近づくに連れて中の人は忙しさを増します…。本来年賀状のことを一番書かなければならない11月末〜12月末にかけて、実はほとんどサイトの記事が更新できなかったこと…これこそが一番の反省点です。これは、年賀状の繁忙期を抑え損ねたことにも起因しています。その結果は実はtwitter上で行わせていただいたアンケートで如実に表れていました。

私の中で、年賀状の準備って11月頭にはもう終えていると思っていましたが、フォロワーさんアンケートでは準備すべき総数(喪中などを除く)に対して7〜8割ほどが10月末時点でまだ準備ができていなかったのです。そして、実際に年賀状が一番売れた時期はなんと12月の下旬、クリスマス前の週。みんな結構ギリギリまで年賀状をやらないんですよ!!!

そこらへんの誤認識が反省点でありつつ、次年度に活かしていける点だったりします。

ズバリ、2020年の目標は?

年賀状以外にも自分の興味のあることをたくさん発信していきたい!です。

サイトを作ると自分の知らなかった習わしだったりサービスだったり…違った視点であったり。色々な出会いがあります。綺麗事だけじゃなくて…。

実は年賀状印刷の中の人として、同じ趣味の方々とのオフ会に参加したり、他の企業の公式さんと絡むことでSNSにおける中の人マーケティングを学べたり…。

具体的な目標を挙げるとしたら、アクセスを1シーズンで100,000ユーザーくらいに増やしたいです。(昨年度は20,000ユーザーほど)収益はアクセスが上がれば後から付いてくるもの。当サイトが年賀状購入の決め手になってくれるのは嬉しいですが、まずはサイトを訪問してくれて「あ、こんな年賀状作れるんだ!」だったり「今年も年賀状作るかな」って重い腰をあげてくれる人が一人でも増えたら嬉しいな、と考えています。

また、年賀状とは別に今新しいサイトを作っております。そちらについてはもう少し形になったらこちらでも紹介させていただきますね…。

本当は、アフィリエイト広告の話とかもしたかったのですが、興味のある方はもう始めているでしょうし、一年生がしゃしゃり出るのも難なので今回は割愛いたします。

 

そんなこんなで年賀状と全く関係ないシーズンにも関わらず当サイトにご訪問いただきありがとうござイノシシ。本年も(まだまだ長いので)よろしくお願いいたします。


関連記事


2019年度|年賀状印刷「安さ」ランキング